低リスク低料金が魅力のプチ整形|気軽に美容整形を受けよう

最も人気の施術

ドクター

一重を改善できる

福岡の美容外科で受けられるプチ整形の中で、最も人気が高い施術は、二重整形です。二重整形とは、一重から二重にする施術です。目は、印象を大きく左右するパーツです。多くの女性が憧れる目は、二重まぶたでぱっちりしている目です。一重まぶたの場合、目が小さくなるので無愛想な印象を与えたり、地味な顔になってしまったりしてしまいます。そのため一重まぶたをコンプレックスに感じている女性は非常にたくさんいます。コンプレックスを隠すために、アイプチや化粧で二重を作っている人も多いですが、毎日一重を隠すのは大変ですし時間もかかります。福岡の美容外科で二重まぶたのプチ整形を受ければ、アイプチや化粧をする手間がなくなりますし、理想の二重を手に入れることができます

切開法で二重まぶたを作る

二重まぶたのプチ整形は、埋没法を行なうのが一般的です。埋没法とは、医療用のハリと糸を使って、二重を作る施術です。二重まぶたのプチ整形のメリットは、手軽に受けられて、リスクが低いことでしょう。医療の糸をまぶたの内側から留めるだけなので、15分程度と短い時間で施術ができますし、ダウンタイムも短いです。また、抜糸ができるので、万が一二重の形が気に入らなくても修正することが可能です。「切開するのは怖いけど、二重になりたい」という人には、ぴったりの施術と言えるでしょう。このようなメリットがあるため、プチ整形の中でも人気が高い二重まぶたの施術ですが、注意点もあるので、しっかり確認しておいたほうが良いです。注意点は、糸で留めているだけなので、一重に戻る可能性があるということです。簡単に糸がほどけないようにしていますが、何らかの原因で糸の結び目がほどける可能性もあります。すると、きれいに作った二重が元に戻ってしまいます。また、まぶたによっては埋没法が適していないというのも注意点の1つです。埋没法に向いていないまぶたに、無理やり埋没法をしてしまうと、ラインが薄くなるため効果を実感しにくくなります。

使用する糸の数

福岡の美容外科で、二重まぶたのプチ整形を行なう際は、糸を使用する数を決める必要があります。「1点留め」「2点留め」「3点留め」などがあります。1点留めは、二重のラインに合わせて1本の糸を使って固定します。まぶたの皮膚が薄い場合、二重のラインを微調整したい場合に1点留めをするケースが多いです。2点留めや3点留めよりも施術が早くを終わるという利点がありますが、1点しか留めないので2点留めや3点留めよりも安定性はどうしても低くなります。2点留めや3点留めのように、留める部分が多くなれば、安定性が向上します。そのため安定性を重視するなら、糸の数を増やしたほうが良いです。しかし糸の数が増えると、その分費用が高額になりますし、腫れや内出血なども大きくなるので注意しましょう。技術力が高い医師なら、少ない本数でも安定性を向上させることができるので、必ず糸の数を増やさなければいけないわけではありません。

施術の流れ

美容外科で二重まぶたを受ける際の流れについて説明します。まずは医師のカウンセリングを受けて、理想の二重の形を考え、ラインを決めて印を付けます。施術を行なう際には、まぶたに麻酔注射を打ち、医療用の糸を通すための小さい穴を開けます。まぶたの表面だけではなく、裏側にも麻酔注射をし、糸を通して瞼板と結び付けていきます。糸をまぶた側または結膜側に通して結んだら、カットして、糸玉になる部分を皮膚の中に埋め込んで施術は終了です。美容外科によって細かい流れは異なりますが、一般的な施術の流れはこのようになります。